コラーゲン不足で起こること

トップページ > コラーゲン不足で起こること

コラーゲン不足で起こること

肌のたるみやしわが出てくると、コラーゲン不足かなと思いますが、コラーゲンが減少すると美容の問題だけではなく、他にも体にトラブルが起きてきます。歩行時の関節の痛みから気づく骨の変形、骨がもろくなる骨粗鬆症、血管壁の傷みが原因の脳出血、脳梗塞、心筋梗塞です。髪質の変化もあります。つやがなく、コシのないものとなります。これらはコラーゲンを作るリペプチドの間に異常があり、硬くなってしまうため、弾力が減ってしまうために起きてきます。コラーゲンの減少は20代から始まります。美容のみならず、健康の維持のためにもコラーゲンの摂取が大切です。